【お役立ち情報】正しい脚痩せをするには脚が太くなってしまう原因を理解

「なかなか自分の思い通りの美容を実現させることが出来ない」と悩みを抱えている人もいるかもしれません。
美容の悩みというのは女性にとりましては大きな問題であるので確実な方法を選ぶようにしてください。 悩みのセルライトは、血行が悪化してしまうことで皮膚の下の脂肪細胞が肥大化し、脂肪や老廃物などが絡み合い大きな脂肪の塊となります。
多くの女性は既に知っていることかと思いますが、脚痩せにはこのセルライトの除去が最も大切なことなのです。脚痩せを原因が分からないまま、食事制限をしたり運動をして脚痩せに成功をしてもすぐに元通りになってしまいます。
足が太くなる原因には、むくみ、脂肪、筋肉の3つが挙げられ、これらを解消することによって脚痩せが可能なのです。

 

脚のむくみというのは、立ち仕事や一日中座りっぱなしの人などに比較的起こりやすくなっています。
そして脂肪による足太りはセルライトが原因となっていることがほとんどなのです。





ゴミ箱のこと
ゴミ箱
URL:http://www.gomibako-ism.com/


【お役立ち情報】正しい脚痩せをするには脚が太くなってしまう原因を理解ブログ:17-04-22

下腹がポッコリと出ていると
とっても気になりますよね。

スリムなパンツやスカートを
かっこよく着こなすためにも
下腹を引き締めるための簡単減量を
連日の生活に取り入れましょう!

特に下腹って年齢とともに脂肪がつきやすく、
ポッコリしたウエストになってしまうものですね。

中年太りの象徴ともいえる下腹の脂肪!
一般的には腹筋トレーニングが効果的といわれていますが、
より効果的に行うためには、
呼吸法なども取り入れたトレーニングを行うと良いでしょう。

また腹筋トレーニングと食べる事療法などもあわせて実践していくと、
より効果的に下腹の簡単減量ができちゃいますよ。

下腹の脂肪を落として減量するためには、
下腹の筋肉だけではなく、
わき腹の筋肉も鍛えることがポイントになります。

わき腹に脂肪がたまってくると、
ウエスト全体に脂肪がついたようになり
大きく見えてしまいますね。

下半身…
特にウエスト周りをすっきりと見せるためには、
下腹を引き締めると同時に、
わき腹も鍛える必要があるんです。

下腹なら腹筋で鍛えられそうだけど、
わき腹ってどうやって鍛えればいいのか…
難しいですよね?

そこで、私が実践している
わき腹減量法を紹介しますね。

仰向けになって、
両手を脇腹にあててあごを引き、
背中を丸めて右の肘を左の膝に近づけるよう、
側腹筋の収縮を意識しながら軽くひねります。
左ひねり、右ひねりを交互に行い、
左右10回を1セットとして、
それを連日3セット行うだけ!

わき腹って普段使わない筋肉ですから、
これだけのストレッチでも減量効果が抜群ですよ!

―地球滅亡まであと427日―

ホーム サイトマップ