【お役立ち情報】バストアップの妨げになってしまうストレスを溜めること

インターネットを利用して「美容」などと検索をしますと、驚くほど多くのサイトがヒットされます。
これらサイトで公開されているランキングや口コミ情報などをまずは参考にして確実な美容対策をするようにしましょう。 視床下部の働きが悪化してしまうということは、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌が行われないこととなります。
ですのでバストアップを望んでいる人は、ストレスを溜めずに毎日の生活を送っていくようにしましょう。バストアップを実現するためには、女性ホルモンの分泌が活発にすることがポイントとなります。
脳下垂体と呼ばれている場所の視床下部で女性ホルモンの分泌が調整されているのです。

 

視床下部でどの程度の量が分泌されることになるのかが決まりますが、ストレスを最も受けやすい場所の一つなのです。
つまりストレスを溜め過ぎてしまいますと、視床下部の働きが悪化してしまうのです。





紙袋のコツはこちら
紙袋についてのサイト
URL:http://ino-ue.jp/


【お役立ち情報】バストアップの妨げになってしまうストレスを溜めることブログ:17-05-10

あたしの今年の目標は、
「ストレスを溜めない!」ことです。

あたしのストレスとの付き合いは、
すごく長期間に渡ります。

ストレスのために、
胃薬に頼ったこともあります。

ストレスのために、
寝てる間も歯を食いしばり過ぎて、
午前中起きても口がいつものように開かないときもありました。

ストレスのために、
マブタが痙攣したことも…

こういったような体に出る症状もありましたが、
毎日の生活において慢性的なものとしては、
ドカ食い+スナック菓子を食べることでした。

ドカ食いをするわけですから、
咀嚼などほとんどしません。
おかずを少しつまんで、ごはんをいっぱい食べるわけです。

コロッケにソースをたっぷりかけて、
味の濃さでごはんをいっぱい食べる…なんて、
あたしの大好物!

自分ではあまり気付いていないのですが、
隣で見ていた嫁からは
「誰も取らないから、ゆっくり食べなさいよ」
と笑われたりします。
それくらい、必死に一心不乱に食べているようです。

しかも、それだけでは物足りず、
今度はスナック菓子に手が行きます。

スナック菓子などを手で食べると、
手が汚れて油がついてしまうので、
ごはんを食べたお箸をそのまま、
スナック菓子の袋におもむろに突っ込んで食べていきます。

しかも、途中で止めることができません。
「ガツガツ、ムシャムシャ…」
味などは、ほとんどわかりません。
ただただ、塩分を体が欲しているんでしょうか…
止まりません。

一袋無くなるまで、一気に食べ続けてしまう…
そこで、我に返って満腹感を感じるといった感じです。

そして、少し時間がたってくると
あたしは胃もたれみたいなものに悩まされるのです。


ホーム サイトマップ