【お役立ち情報】美脚になれないと諦める必要はないO脚

テレビCMや雑誌などで紹介されている美容対策というのは、全ての人に有効的というワケでは決してありません。
人それぞれ美容の個人差がありますので、あなたの体質に合った美容対策をする必要があるのです。 O脚は矯正をすることによって治すことが今では出来るのです。
悩みのO脚を治して美脚を実現させたい!っと思っている人は早めに矯正を行うようにしてください。美脚を求めている女性達を最も苦しめているのが、日本人に多いO脚なのではないでしょうか。
普段から横座りをすることが多かったり、日本人というのはO脚になりやすい骨格の遺伝子を持っているので多くの人が悩んでしまうことでしょう。

 

日本人女性でも真っ直ぐで美脚と呼ばれている方も多くいますが、日本人の約8〜9割の方というのがO脚のことで悩みを抱えています。
しかし、O脚だからと言って美脚を作ることが出来ないと諦めてしまうことはないのです。



【お役立ち情報】美脚になれないと諦める必要はないO脚ブログ:17-09-21

今まで順調に育っていた6ヶ月になる娘が
突然全く母乳を飲んでくれなくなったのは、
去年のお正月のことでした。

おっぱいを吸うどころか
「ギャーギャー」とかんしゃくを起こした様に泣き出し、
そんな日が二日も続いていました。

お正月という事もあり、
かかりつけの産院も開いておらず、
知り合いの紹介で藁にもすがる思いで
車を60分走らせ、助産院に行く事になりました。

行ってみてびっくり、
その助産院の助産婦さんは、
八十八歳のおばあちゃんだったのです。

泣き叫ぶ娘をぼくの隣りに寝かせ、
母乳マッサージをしながら、
ゆっくりとした口調でぼくに話しかけてきました。

「この子は何でこんなに泣いているのかわかるかえ?」
「たぶん、ウエストがすいているのだと思うのですが…」
「あんた、二日前、ご飯何食べた?」
「えっ、ご飯ですか?」

変な質問するなぁ…と、
ぼくは疑問に思いましたが、助産婦さんは続けました。

「母乳はな、血液なんよ。
だから、母が食べた物がエネルギーになり血になるんや、
それが母乳になり、赤ちゃんのご飯になるんよ。
母がみかんを食べ過ぎれば、オレンジ色の母乳が出るし、
カレーライスを食べれば、カレーライス味のまずい母乳になるんよ。
赤ちゃんは、おいしい、おいしくないが分かっているんよ」

その言葉に、ぼくは全身が凍りつきました。
確かにぼくは二日前カレーライスを食べていたのです。

まさか、たった一度の食事で
二日間も娘を苦しめていたなんて…

母乳マッサージを終え、
泣き叫ぶ娘を抱き母乳を飲ませました。

あんなに嫌がっていたのに、
ぼくの目を見ながら、
娘はウエストがぱんぱんになる位おっぱいを吸い、
すぐにすやすや眠り始めたのです。

ホーム サイトマップ